ホーム高額療養費制度等の医療制度ガイド > 障害年金

高額療養費制度等の医療制度ガイド

障害年金

障害を負ったことで、生活や仕事が制限されるようになった場合に年金加入者に対して支給される制度です。
障害年金には、「障害基礎年金」「障害厚生年金」があり、国民年金の被保険者には「障害基礎年金」が、厚生年金の被保険者には、「障害厚生年金」が支給されます。

障害基礎年金

障害基礎年金は国民年金の加入者に対し支給されます。国民年金の被保険者となる前(20歳未満)や被保険者資格を失った後(60歳以上65歳未満)である場合でも支給対象となります。受給には一定の条件が必要です。


受給条件

・初診日(障害の原因となった病気やけがについて、初めて医師の診察を受けた日)に国民年金に加入していた。

・初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付又は免除されていること。

・障害認定日(初診日から1年6ヵ月経過した日)時点で、制度で定められている障害の等級が1~2級に該当していること。

障害厚生年金

障害厚生年金は一定の要件を満たした厚生年金加入者に支給されます。


受給条件

・初診日に厚生年金に加入していた。

・初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付又は免除されていること。

・障害認定日(初診日から1年6ヵ月経過した日)時点で、制度で定められている障害の等級が1~3級に該当していること。

1~2級の場合は、障害基礎年金に障害厚生年金を加えた金額が支給され、3級の場合は、障害厚生年金だけが支給されます。年金の額は、平均標準報酬額と年金加入月数により異なります。

※平成27年10月1日から、共済年金は厚生年金に統一されました。

手続き(窓口)

障害年金の手続きは複雑ですので、手続きを行う前に、日本年金機構の「ねんきんダイヤル」(ナビダイヤル0570-05-1165)に電話または、年金事務所やお近くの年金相談センターなどに事前に相談することをお勧めします。
ご相談後、障害基礎年金はお住まいの市区町村役場または年金事務所、障害厚生年金はお近くの年金事務所に、「年金請求書」と添付書類を提出して、請求の手続きを行います。

患者の皆さま
医療関係者の方
国内サイト
 

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2019 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る