ホーム高額療養費制度等の医療制度ガイド > 傷病手当金制度

高額療養費制度等の医療制度ガイド

傷病手当金制度

病気で4日以上連続して仕事を休んだ場合に支給されます。
健康保険に加入している方が、病気やけがの療養のために会社等を連続して4日以上休んだ場合に、4日目以降、標準報酬日額*1の3分の2*2が支給される制度です。
なお、休んでも給与等がもらえる場合には、その給与等が傷病手当金の額より少ないときだけ、その差額が支給されます。

*1:標準報酬日額は、標準報酬月額の30分の1に相当する額(10円未満四捨五入)です。標準報酬月額は、4月・5月・6月に受けた報酬の平均額を標準報酬月額等級区分にあてはめて、その年の9月から翌年の8月までの標準報酬月額を決定します。

*2:給付金額は、各健康保険組合や共済組合などによって異なります。

手続き(窓口)

窓口は加入している被用者保険によって異なります。
各健康保険組合や協会けんぽ、各共済組合などの窓口にお問い合わせください。
受けられる期間は、支給が開始された日から1年6ヵ月です。

患者の皆さま
医療関係者の方
国内サイト
 

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2019 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る