ホーム悪性リンパ腫について > 悪性リンパ腫の原因と症状

悪性リンパ腫について

悪性リンパ腫の原因と症状

悪性リンパ腫の原因

一部の悪性リンパ腫ではウイルスの感染が発症の原因になるといわれていますが、多くの場合直接的な原因は明らかになっていません。悪性リンパ腫の細胞の多くで、遺伝子の異常がみつかっていますが、親から子に遺伝する病気ではありません。

悪性リンパ腫の症状

首やわきの下のリンパ節の腫れに気づき、受診するケースが多くみられます。悪性リンパ腫では、腫れているリンパ節を押しても痛みを感じないことが多く、発熱や体重の減少、寝汗をかきやすくなる、などの症状がみられることもあります。

患者の皆さま
医療関係者の方
国内サイト
 

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2019 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る